海外留学経験者が伝える本当に必要な心構えとは?コロナ禍での留学体験談

GOGAKUDOの田中によるリアルすぎる海外留学体験。

実際に海外に行ったから得られた経験、新型コロナが流行するタイミングだからこその出来事。海外でのオンライン授業も体験した田中が今、留学に行くことを考えている人に伝えたい3つのこととは?

ぜひご一読ください!



私は小さい時から好奇心旺盛で、海外での生活や英語で人とコミュニケーションを取ることに興味が強くあったので、いくなら大学生の間だと思って留学を決意しました。人生1回なので、一度くらいは海外で生活してみたいという思いが最大のきっかけかも知れません。現在は教員志望ではありませんが、教育学部で英語の先生になりたいと思っていたこともきっかけの一つでした。また、幼少期から小学校に入るまでの間、こども英会話スクールに通っていたことも英語が好きになった理由の一つかも知れません。



私はカナダのトロントに留学することにしました。私が、北海道の田舎出身ということもあってカナダ1の大都市で自然も豊か、様々な人種が暮らしている多文化共生の都市ということでトロントを選びました。

留学前の準備に関しては、語学面以外は留学エージェント会社が代行してビザの手配などをしてくれたので自分で準備するものはほとんどありませんでした。費用は1年で200万ほどでした。エージェントを使った私費留学だったのでこれくらいの金額がかかってしまいましたが、大学を経由した交換留学制度であれば費用はもっと抑えることができると思います。語学面の準備に関しては、発音を週一回程度、大学のネイティブの先生に指導してもらっていたのと自分で単語を少しやっていたくらいでした。留学前は、英語はカナダで勉強すればいいや、くらいの軽い気持ちでいました。



私が通った語学学校では、総合のクラス・文法・スピーキング・会話・発音などの授業がありました。私は受講しませんでしたが、TOEICTOEFL, IELTS, スピーキング・ライティングにフォーカスした授業もありました。この学校はEnglish Only のルールが徹底されていたので、完全に英語環境の中で学ぶことができました。このルールがしっかりしていない学校だと母国の人同士で集まって母国語を話してしまうということもあると聞いたことがあります。


友人は語学学校の中ですぐに作ることができました。特に南米の人たちはかなりフレンドリーで一日目から仲良くなることができました。ただ、語学学校にはネイティブの学生は来ないので、ネイティブの友人を作るのは難しかったです。なので、私がネイティブスピーカーと話すのは、語学学校の先生とホストファミリーくらいしかありませんでした。


入学したては授業についていくことだけで精一杯でした。日本でオールイングリッシュの環境をほとんど経験したことがなかったので、その環境に慣れることだけでシンドかったです。特にスピーキングの力が足りなすぎて、自分の言いたいことを英語で表現できないことがもどかしかったです。さらに、入学から3週間後にはトロントでロックダウンが始まってしまい、オンライン授業へと変更になってしまいました。オンライン授業だと、休み時間に会話をしたり、放課後に友人と遊びに行けなかったので英語で会話をする機会というのは通常と比べてかなり減ってしましました。


オンライン授業になってから、留学にきているのに外に出ることができないということやせっかく作った友人に会うことができないといったストレスで英語学習に対するモチベーションを保つことがかなり難しくなってしましました。時には授業をサボってゲームをしたりNetflixを見たり、日本の友人と電話をするといったこともしていました(本当にダメ人間でした)。


そんな私でもなんとかオンライン授業を続けて3ヶ月が経つ頃にはかなり英語になれることができました。コロナの影響でモチベーションも低く、英語を普段の生活で話す機会も少ない、お金を払っているからなんとなく受けていたオンライン授業でも3ヶ月ほどで効果を感じられるようになったので、よりモチベーションも高く目的を持っている皆さんでしたら、短期集中で英語を身につけていけるのではないかと思っています。



5ヶ月カナダにいて、3週間しかまともに外出ができなかったですが、そんな中でも多少海外を感じることができました。まず良くないことから言うと、人種差別を実際に体験したということです。

1度目は、ロックダウンになり暇だったので一人で公園を散歩していた時のこと。前から小学校低学年くらいの白人の男の子3人が歩いてきました。私とすれ違う時、彼らは明らかに嫌そうな顔をして、大袈裟なほど私を遠ざけてすれ違っていきました。その行為自体も多少はショックでしたが、そんな小さな子供たちにも「人種差別」という概念があることがよっぽどショックでした。

2度目は、駅構内で60歳くらいのおばさんに「カナダから出ていけ」「中国に帰れ」などと叫ばれました。バンクーバーにいた私の友人も石を投げられたそうです。滞在していた時期が悪かったですが悲しい出来事でした。


ただ、そんな人たちはごく少数で楽しい経験も多くありました。

特に素敵だなと感じたのはお店などでのスモールトークです。店員さんが挨拶をしてくれて、レジ打ちをしている間に会話をする。会話をしなくてもほとんどの店員さんは「Hi, how are you?」と挨拶をしてくれて言葉のキャッチボールができる。会計の最後も「Have a nice day.」「You too.」といったやりとりもあります。日本だと、「いらっしゃいませ」と店員さんが言うだけで一方通行ですが、カナダでは双方がコミュニケーションを取るので素敵だなと感じました。

また、初対面の人に対する反応も少し異なるのではないかと感じました。日本ではまず、知らない人と街中や電車・バスで目があっても笑顔は向けませんが、カナダでは多くの人が笑顔で目を合わせてくれたり、時には会話をすることもありました。日本でそんな経験は滅多にないので、こんなにフレンドリーに話してくれるんだと嬉しい気持ちになりました。



ここまで私の留学体験を長々と書いてきましたが、今日伝えたいポイントは3つです。

    留学前の準備

    留学、または英語を学ぶ目的をはっきりと持つ

    英語オンリーの環境が大切

 

まず、留学前の準備に関してですが英語力をできるだけつけたほうが良いと言うことです。私はカナダに行ってから勉強すればいいやという気持ちでいましたが、それは本当にもったいないと思います。最初の1.2ヶ月は自分の伝えたいことを伝えられなくて本当に辛かったです。最初からバンバン英語でコミュニケーションを取れた方が絶対に苦労しないですし、何よりそっちの方が楽しいですよね?それに、英語力が高い方が奨学金制度や交換留学などを使って費用を安く抑えて留学ができるかもしれません。また、語学学校ではなく、海外の大学に留学をしてよりネイティブと接する機会の多い環境で英語や、自分の学びたい分野を学べるかもしれません。日本にいるうちに英語力をできるだけ付けておいて悪いことは一切ありませんね!


次に、留学に行く目的やそこで達成したいこと、英語を勉強する目的というのは絶対に持っていた方が良いと思います。私の留学へいった目的(そもそも目的と呼べるかもわからない)は海外で生活してみたいという軽―い理由でした。もちろん英語で外国人とコミュニケーションを取れるようになりたいという理由もありましたが。そんな中、コロナでロックダウンになって海外生活を感じることもできず、私のモチベーションはどんどん失われていきました。もし私にもっと強くはっきりした目標や留学生活の中で達成したいことが定まっていれば、たとえオンライン授業になっていたとしてももっとモチベーションを保ちつつ勉強し、更なるレベルアップができたのではないかと少し後悔しています。



最後に、英語オンリーの環境が何より大切だと思っています。

留学前に英語オンリーの環境はほとんど経験してませんでしたが、英語オンリーの環境を留学で経験して自分の英語力の伸びを感じることができました。やはり、慣れるまでは少し大変ですがそこの期間を頑張れば後から大きな伸びが待っていると思います。日本でなかなか英語環境を作ることは大変かとは思いますが、自分で英語だけで試行する時間を作って独り言を言ってみたり、洋画を英語字幕で見るなど英語だけの環境に少しでも触れることで変わってくるかもしれません。


ここまで読んでいただきありがとうございました。


「集中するぞ」「集中しよう」 誰もが一度は使ったことがある言葉だと思います。 では、皆さんが普段から連呼する「集中」という言葉ですが、何を基準に集中してい…
セーリングの歴史を振り返ると、セーリングがどのように進歩してきたかが分かります。 しかし、学習、特に英語の学習においては、同じようには進んでいません。生徒さ…
2021年4月にリリースした新サービス「絶対これだけ!GOGAKU,Do!」。 このサービスの特徴はなんと言っても、その人に特化したオリジナルテキストを作成…
これだけやれば絶対に英語が話せるようになるオリジナル教材『絶対これだけ!GOGAKU,Do!』 そんな魔法のような新サービスが誕生したというのだから気になり…
皆様の温かい御支援に支えられ、弊社、進鳳堂も気付けば【5期目】に突入致しました。本当に感謝申し上げます。 そしてこの度、2021年4月1日より、以前より問い…
海外インターンとオンライン学習サービスMOOC。 どちらの良さも体験し、まだまだな部分もありました。 GOGAKUDOではどのようなサポートを受けられるの…
コロナ禍での海外留学とオンラインサービスMOOC。 どちらが自分に合っているのか? GOGAKUDOではどのようなサポートを受けられるのか? 両方を経験…
長期海外インターン体験談です。 「英語を使い、英語で学ぶ」ことを目的に渡米した彼女が、留学生活を通して気がついた留学成功の秘訣とは?
こちらの新コーナーでは、GOGAKUDO・塾長の進太郎先生が"世界に全く興味がない人"に対して、世界の魅力を伝え、「英会話を学びたい」「海外に行きたい」と思わ…
留学や語学学習、語学習得には長い時間をかける印象ありませんか? しかし、中学高校と6年間学習した英語。 日本語と同レベルで使いこなせる自信がある!と言い切…
世界中の大学を始めとする教育機関がオンライン上で一同にコンテンツを公開しているMOOC。 無料で高いレベルの学習を受けることができます。 今すぐ学び始めた…
GOGAKUDOは、「世界の教育をあなたに」というビジョンを掲げています。 私たちは英会話スクールであると同時に、語学を通して世界を伝える教育者であると考え…
世界中の大学を始めとする教育機関がオンライン上で一同にコンテンツを公開しているMOOC。 無料で高いレベルの学習を受けることができます。 今すぐ学び始めた…
世界中の大学を始めとする教育機関がオンライン上で一同にコンテンツを公開しているMOOC。 無料で高いレベルの学習を受けることができます。 MOOCのサイト…
GOGAKUDO学長の小倉は約8年間に渡り"語学教育業界"に携わってきました。 今日は、この8年の間、一貫してこだわってきたことについてお話をしたいと思いま…
小学生向け? 多くの方がこのタイトルに疑問を抱いたでしょう。 「小学生がこの文章を読むことはない。」というのは、ひと昔前の話で、今や小学生Youtuber…
誰でも無料で有名海外大学の学生になれるMOOC。 自宅でアメリカやイギリスの大学の授業を無料で受講できる。 それ以上のMOOCの魅力を今回はお伝えします!
ほぼ無料で高度な学習が受けられるオンラインサービス ”MOOC(ムーク)”。 今回は、いいところではなくあえてデメリット8つを紹介します。
”誰でも・どこでも・海外大学の授業が受けられる” MOOCの特徴を詳しく紹介します!
”誰でも・どこでも・海外大学の授業が受けられる” MOOCの特徴を詳しく紹介します!
”誰でも・どこでも・海外大学の授業が受けられる” MOOCの特徴を詳しく紹介します!
昨年から流行した新型コロナウイルスの影響で、多くの方が海外留学を断念しています。 海外留学を断念した学生はどのような代替手段を選択しているのか?
「もし、誰でもどこでも海外有名大学の授業が受けられたら?」 「もし、誰でも制限なくハイクオリティの教育を受けることができる環境があったら?」 そんな夢…
留学準備は、とにかく重要です。 楽しいイメージを持って、ワクワク感だけで無鉄砲に行く人は得るものが少なく、何を得たいかが明確になっている人が得るものが多…
留学先の選び方 この問いに答えるのであれば、「学術分野×興味のある国の分野×使用可能言語×トレンド×自分の将来のマーケット×人脈」で考えて行くということにな…
コロナの時期、予定していた海外留学を断念・・・ という方も多いのではないでしょうか? 無理矢理にもこれをチャンスと捉え、来たるアフターコロナの海外留学…
Because many international students are asked to express their opinions at Goga…
「海外留学やMBA、旅行の価値を高めてあげられる英会話スクールでありたい。」 私の想いはここにあります。過去の経験や多くの生徒様と対峙する中で分かったことを…
サービスコンセプトの変更に伴い、語学堂進化のポイントを連載します。 vol.10は生徒様にとって一生モノの宝物になる教材についてのご説明です。
語学堂・塾長肝いりのこだわりトレーニングと言えば、英会話に必要な基礎スキルの習得加速度最大化のために生み出したアソビトレーニング。
話し放題とは、マンツーマントレーニング8時間で体得した6つのスキルを徹底的にアウトプットすることができるグループレッスンです。
マンツーマンレッスンでは、英会話集中力とパフォーマンスを最大化させるための6つの英会話基礎力のトレーニングを行います。
語学堂は、塾長・小倉が経験したケアンズ、パリ、カナダ、ソウルでの留学体験や生徒様のアンケートを元に、海外留学・駐在で必要な「学業・ビジネススキル」、「プライベ…
これまでは1週間・8時間のパーソナルトレーニングを主流として進めていましたが、オプションで超お得な話し放題プランをご提供させて頂くことになりました。
英会話は、時間の投資です。 短期集中で進めることで、生徒様の海外滞在や留学を120%充実した時間にすることが可能になります。
2年以上もの歳月をかけた生体信号解析(脳科学等)共同研究により、英会話スキルと集中力には、非常に大きな因果関係があることを導き出すことができ、希望の生徒様には…
19世紀後半にイギリスが世界初の地下鉄を建設して以来、世界中に多くの地下鉄が建設されています。建築の視点でみると、多くの地下鉄は「国際的なスタイル」で作られて…
「英会話に必要なスキルをインプットはできているのに口から言葉が出てこない」「英会話の勉強が続かない」「英会話の勉強をしても体得できない」「頭に入ってこない」「…
語学堂は、短期集中で英会話習得の成果を出すためのトリガーとして、実践英会話に必要な英会話スキルと環境構築と集中力アップのために、戦略的なアソビ型レッスンを取り…
台湾を2回以上旅行した人に「台湾で1番印象に残ったものはなんですか?」とアンケートをした結果、台湾料理でもなく、風景でもなく、「人」という回答が最も多かった。
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回は一橋大学に通う白子和哉さんにお話をお伺いしました。
In America when visiting South, which is in the southeast part of America, it i…
このコーナーでは、ウズベキスタン出身のアブが母国にまつわるあ〜んなことやこ〜んなことを紹介していきます。今回は、日本人によく聞かれるお話。ウズベキスタンは安全…
このコーナーでは、ウズベキスタン出身のアブが母国にまつわるあ〜んなことやこ〜んなことを紹介していきます。今回はウズベキスタンで人気のスポーツについてご紹介しま…
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回は紹介制着付け教室「きもの晴る」を経営している角田遥奈さんにお話を…
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回は現在「ビューティー・イベント・オーガナイザー」として活躍をしている源…
台湾はなんでも持ち帰り!? 日本に来て最初に驚いたことは、レストランで持ち帰りをする習慣がないこと・・・ おそらく日本の場合は、衛生の観点や、レストラン側…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー【Unique buddies】。 第3回目は、中央…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー「Unique buddies」。 第2回は、進鳳堂…
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回はファイナンシャルプランナーとして活躍をしている白子里美さんにお話…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー「Unique buddies」。 記念すべき第1回…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー「Unique buddies」。 記念すべき第1回…
中目黒から世界へ——たった3週間で「会話」まで習得できる東京・中目黒にある英会話教室「語学堂」。訪日外国人が集まる「観光案内所」が併設されている理由について小…
中目黒から世界へ——たった3週間で「会話」まで習得できる東京・中目黒にある英会話教室「語学堂」。「日本酒×英語学習」が最適な理由とは?国際唎酒師の認定資格を英…