語学学習のネクストトレンドは「アソビメソッド」だ!

——ライター)はじめまして。 小倉)英会話学習塾「語学堂」の代表、小倉です。よろしくお願いします。 こんな外見なので「着物社長」と呼ばれています(笑) ——なるほど!「着物社長」の由来はその見た目からなんですね(笑) はい、これが正装です(笑)。先日は東京都行政関係のプレゼンも着物で行きました。 ——ツワモノ……。そもそも、どうして着物を? もともと日本文化が好きというのがキッカケですね。あとはシンプルな話で、好きなものを着ていると毎日が楽しくなりません? ——たしかに。 僕も英語を教えているので、まずは講師である僕自身が「なんか楽しそう」な雰囲気づくりができたらいいなと思っているんですよね。 「これから語学を学びたい!」という生徒さんにとっては、講師だとか教室の雰囲気がワクワクする感じの方がいいじゃないですか。 ——わかる……。ピシッとしたスーツの講師だとちょっと緊張するかも。 仕事で疲れてる時に、スーツを着た講師に英語学習をマネジメントされるって、余計に疲れちゃいますよね。 特に語学学習はハードルが高いと思われがちなので、楽しむことを忘れるとツラくなっちゃうし途中で諦めちゃう。 ——経験あります。 だからこそ、語学堂ではあくまで楽しみながら学ぶということをテーマにしています。 うち英会話教室っぽくないですよね? ——……はい(笑)。 ソファやこたつ、座敷とかがあるのは学習塾というよりはむしろ自宅っぽさがありますし、なにより観光案内所が併設されていて、そこには外国人観光客が訪れるから英語を使って交流もできます。 そういうリラックスできたりとかワクワクできる空間で学ぶのも語学学習には大切なんですよ。 まぁ、一番はうまい日本酒が飲めます。 ——楽しく学ぶというのがポイントなんですね。 はい。短期間で英会話を習得できるというのが語学堂の強みなんですけど、楽しく学ぶという前提が大切なポイントです。 で、それらを可能にしているのが独自に開発した「アソビメソッド」という語学学習方法です。 ——アソビメソッド? すごく簡単にいうと、生徒さんにとって楽しいことで遊びながら語学を学んでいく方法です。 僕は「本気で遊ぶこと」が語学学習の本質だと考えています。語学を習得を目指すのであれば、とにかく「一緒に遊びましょう!」というのが語学堂のやり方ですね。 ——なるほど。 ここでは「アソビメソッド」の理論を説明させてください。 キーワードは大きく分けて「モチベーション」、「学習ツールの最適化」、「自己PR」、「目標設定」です。 順番に説明していきますね。 ——お願いします。 そもそもの話ですけど、語学に限らず勉強って「モチベーション」の維持が大切ですよね? ——はい。 アソビメソッドでは、生徒さんそれぞれの「モチベーションの源泉」を徹底的に追求します。 当たり前ですけど、モチベーションを維持できる理由は人によって違うので、まずは自分がモチベーションを維持できる方法を知るというのはかなり重要です。 なので、趣味や興味のあるネタをキッカケにして生徒さんが英語を「話せる」ではなく「話したくなる」ような学習方法を見つけるところから始めます。 特に、短期間で英会話を習得するために初期の段階で自分に合った学習法を発見するというのは重要ですね。 ——なるほど。 ここで語学学習をあくまで「遊び」として意識することができたら、次は「学習ツールの最適化」をおこなっていきます。 ポイントは、レッスンをおこなう空間です。 ——「英会話教室っぽくない」というのも関係していると? そうです。 アソビメソッドでは、「楽しむ」と「遊ぶ」を掛け合わせた「FUN」という考え方がキーワードになっています。 そのFUNの大きさが語学学習の習熟度に関係していると考えているんでけど、そのFUN(楽しむ×遊ぶ)を大きくしていくところに、好きな空間で学習できるかどうかも関係しているわけです。 だからこそ、従来の学習塾とは違った自宅にいるかのようなリラックスして学ぶことができる環境づくりをしています。 あとは、マンツーマンかグループか、オンラインかオフラインかなども対応していますね。 幅広い形でFUNを高めていくために実戦形式のイベントも必要かなと思ったのも、観光案内所という人が集まる場所をつくった理由のひとつです。 これまでの語学スクールのモデルでは、生徒と講師という関係性を超えられないと思ったので、可能な限りスクールという枠を取っ払ったコミュニケーションから遊びや実践を得て欲しいという思いでつくりました。 ——観光案内所が併設されている理由、納得です。 次は「自己PR」についてですが、これは観光案内所での交流イベントなんかに紐づいてくるところですね。 授業でもイベントでも、誰かと会話をするわけなんですけどその「会話」ってまずは誰かに興味を持つことだと思うんです。 ——そうですね。 そこで、生徒さんの「自己PR」について一緒にとことん考えます。 ——自分に興味を持ってもらえるような会話ネタを身につけるわけですね。 就職や転職でも使えるような「PRブック」を作ります。 何はともあれ、自分の言葉で自分について語れるようにするってことですね。 単に英語が話せるだけでは、ビジネスでも友人づくりでもうまくいきません。まずは、自分のことを好きになってもらったもん勝ちです。 ——自分のことなら単語だけでも話せそうな気がします。それに自分語りができると、外国人が集まる酒場に行ってすぐにでも実践できそうです。 やっぱり実践が一番身につきますからね。 それに「PRブック」があれば、ただ話せるだけじゃなくて自己PRもできちゃうという自信にもつながります。 ——結果的にFUNを高めることになりそう。 酒場に行くってことは、それは本能的な「あそび」なのでメソッドとしてもバッチリだと思います(笑) ——実践してみます!(笑)。最後は「目標設定」です。 これはシンプルで、目標設定から学習スケジュールまでを徹底的に管理します。 これは文字通り管理するわけではありません。 「遊び」という甘い誘惑で、生徒さんの学習意欲に火をつけるサポートをしてあげることがポイントです。 ——甘い誘惑……。 生徒さんから「やりたいこと」を引き出して、それと語学学習を紐付けます。短期集中で継続するためには、何よりも自分が熱中できるコンテンツが必要ですからね。 それが発見できたら、あとはポジティブな目標とそのゴールを達成するための行動をコーチングします。 イメージとしては、自己PRを英語で話せるようになるまで3週間くらいかな。 ——早い……。ここまで「モチベーション」、「学習ツールの最適化」、「自己PR」、「目標設定」とありました。これらがアソビメソッドの理論ということですね。 そうです。この理論とをもとに学習を進めて実践も組み合わせる。これが短期間で習得できる理由です。 このメソッドは、いわば「エデュケーション×エンターテインメント」です。辛いけどひたすら頑張るという従来の学びのスタイルではなくて、楽しいから自然と学びたくなるというような「遊び」から繋がる新しい学びのスタイルです。 僕はこの「エデュテインメント」な語学学習メソッドが語学教育に新しい風を吹き込むと考えています。 ——文部科学省のプログラムで大阪大学COIと共同で科学的な実証まで進めているメソッドなのだとか。 そこも語学堂のウリです。 語学市場って大きな課題があって、学んだものが身についているかどうかの「効果の見える化」がまだできていないんですよ。「話せる」とは何かという本質的な課題の解決から避けてきた市場なので、語学堂の挑戦としてはそんな課題にケリをつけることです。 そこで生体信号の研究をしている大阪大学の沼尾研究室と共同で学習の習熟度を見える化できる「アソビメソッド」を開発しました。 多くは語れないのですが、世界最高峰の企業の研究開発機関でベルギーに本社のある「IMEC」と大阪大学との共同研究の中で、特殊な装置を使ってFUNという感情の動きから習熟度を可視化できるようなことを進めているのですが……。 ——(難しい……。) 簡単に説明すると、「話せる」ということを科学的に数値化してより効率的な学習方法を探っているというわけです。 まぁ、話が難しくなっちゃうので、詳しいことはまた別の機会に話しますね(笑)。 ——すみません(笑)。とはいえ、アソビメソッドが科学的データに基づいた新しい学習方法だということはわかりました。 実は最先端のメソッドなので、これは語学学習のネクストトレンドになるのではないかと自信を持っています。



台湾を2回以上旅行した人に「台湾で1番印象に残ったものはなんですか?」とアンケートをした結果、台湾料理でもなく、風景でもなく、「人」という回答が最も多かった。
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回は一橋大学に通う白子和哉さんにお話をお伺いしました。
In America when visiting South, which is in the southeast part of America, it i…
このコーナーでは、ウズベキスタン出身のアブが母国にまつわるあ〜んなことやこ〜んなことを紹介していきます。今回は、日本人によく聞かれるお話。ウズベキスタンは安全…
このコーナーでは、ウズベキスタン出身のアブが母国にまつわるあ〜んなことやこ〜んなことを紹介していきます。今回はウズベキスタンで人気のスポーツについてご紹介しま…
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回は紹介制着付け教室「きもの晴る」を経営している角田遥奈さんにお話を…
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回は現在「ビューティー・イベント・オーガナイザー」として活躍をしている源…
台湾はなんでも持ち帰り!? 日本に来て最初に驚いたことは、レストランで持ち帰りをする習慣がないこと・・・ おそらく日本の場合は、衛生の観点や、レストラン側…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー【Unique buddies】。 第3回目は、中央…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー「Unique buddies」。 第2回は、進鳳堂…
「卒業生インタビュー」のコーナーはお馴染み語学堂特命秘書のひなこがお送りします〜 今回はファイナンシャルプランナーとして活躍をしている白子里美さんにお話…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー「Unique buddies」。 記念すべき第1回…
アソビ特化型英会話教室「語学堂」を運営する株式会社進鳳堂。 ここで働くユニークな社員を紹介するコーナー「Unique buddies」。 記念すべき第1回…
中目黒から世界へ——たった3週間で「会話」まで習得できる東京・中目黒にある英会話教室「語学堂」。訪日外国人が集まる「観光案内所」が併設されている理由について小…
中目黒から世界へ——たった3週間で「会話」まで習得できる東京・中目黒にある英会話教室「語学堂」。「日本酒×英語学習」が最適な理由とは?国際唎酒師の認定資格を英…