友だち追加

LINE@で簡単に最短10秒予約可能!
日本初の英会話Bar!


電話で予約も可能!
番号はコチラ

世界にモテるための英会話プログラム
リベラルアーツ・話し方、聞き方・自分の魅力とネタ

英会話を通して世界からモテるプログラムへ

「モテる」とは、語源より「持ってる人」、つまり人を引き付ける何かを持ってる人のことを指します。英会話教育が加熱する中、今後大事になるのは、「話せる」こと以上に、英会話習得を通して世界からモテることです。
日本語を話せても共通の話題や状況に応じた対応ができなければ、自分が満足できる会話が成立しません。英会話も同様に、「話せる」というレベルはグローバルの世界では、既に一般的なことでそれ以上にどれだけ自分の魅力を伝えられるか、また、言語を活用して豊かな交流や楽しみを作ることができるか。これが重要になります。「話せること」から「楽しむ、楽しませる」=「モテる英会話」に力点を移した一生使えるプログラム、それが「語学堂 が求めているレベル」であり、FUNに直結する概念になります。

モテる英会話プログラムとは?

 

リベラルアーツ

グローカルな時代に置いて、英語を話せること以上に、話すことを形作るリベラルアーツの重要性が高まっています。リベラルアーツを学び、自国や興味のある国、世界のことを好奇心を持ち楽しめる心を育てることこれが、本当に豊かな一期一会の交流を生み、新しい世界や価値観を作り出してくれることになります。

 

会話、トークの鍛錬

日本語が話せても話せない時があるように、状況や目的に応じた会話を楽しみながら鍛錬していく必要があります。相手の魅力も引き出しつつ、自分の魅力も伝えていく。言語が違っても話し方、聞き方、その状況に応じた会話を一緒に深く想像して鍛錬していきます。

 

自分の魅力の分析とネタ

日本語でも多くの人と楽しい会話をするのは難しいことも多いです。つまらない話せるでなく、世界が知りたい魅力的なトークで世界のハートを掴んで欲しい。特に他言語である英会話だからこそ、自分の魅力やネタを用意しておいて、より相手と楽しい時間を共有し、理解し合える準備をしておきます。

プログラム例

リベラルアーツ

 

教養とココシャネル

シャネルの創業者ココ・シャネルは次のように語っています。「私のような大学も出ていない年をとった無知な女でも、まだ道端に咲いている花の名前を一日に一つぐらいは覚えることができる。一つ名前を知れば、世界の謎が一つ解けたことになる。その分だけ人生と世界は単純になっていく。だからこそ、人生は楽しく、生きることは素晴らしい」 語学堂としては、一期一会を豊かにしてくれる言葉のバックグラウンドを支えてくれる教養を語学を通してより楽しんでもらえたらと思います。 

アート

日本や海外のアートに興味を持ち、自分が感じること、相手に尋ねたりする力を養う

文化

お祭りなどの文化を知り、そこから見える地域、国、歴史、人々について学ぶ

国についての歴史や文化などを学ぶことで、より深い会話をできるようにする

ゲーム

ゲームから見える娯楽の違いや共通点を通して、楽しみや話題を共有する

音楽

音楽を通して、歌詞、メロディ、その裏の背景を知り、深みを作る。

建築

建築を通して、文化的な融合や建築士などその国の空間について理解を深める

スポーツ

その国のスポーツを知ることで、文化的な背景や共通の楽しみを推し量ることができる

季節

その国の季節行事などを知ることで、大切にしている価値観を共有する

自然

その国の自然を知ることで、考え方の原点に触れることができる

食事、お酒

文化の基礎になる衣食住の食を知ることでその国に対する理解を深める

文学

その国の文学を知ることで、古典から現代までの考え方を垣間見ることができる

教育

その国の教育を知ることで、どのような国のあり方を考えているのかを知れる

政治、経済

政治経済を知ることで、より身近な共通概念を理解することができる

哲学

名言や深い思考を知ることで、考え方の基本や原点を共有することができる

宗教

その国の宗教を知ることで、共通点や違いなどを好奇心に変えることができる